2018年07月08日

B'z/詩季織々

こんにちは。連日の暑さに早くもやられ気味のスタッフSです。
今回はB'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018詩季織々の2本をご紹介します。

B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018
320.jpg
コピーライトマークVERMILLION RECORDS,Inc.

2018/07/13(金)〜2018/07/19(木) ぴかぴか(新しい)1週間限定上映ぴかぴか(新しい)
特別料金:1800円

松本孝弘&稲葉浩志による日本を代表するロックユニット「B'z」の30年の軌跡を追った大型エキシビション「B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」の会場で上映された映像作品を劇場公開。18年4月1日から6月15日まで開催の「B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」会場では、前期と後期で2つの映像を上映。前期の映像は、B'zが29年目を迎えた17年の活動を追ったもので、アルバムレコーディング風景や、ライブのバックステージの様子など、初公開の映像も含めて収録。後期には、17年に開催した故郷での凱旋ライブなど複数のライブの模様をダイジェストした映像が上映された。この2つの映像を1本につなぎ、メンバーのコメント映像を加えて映画館で限定上映。


「詩季織々」
330.jpg
コピーライトマーク「詩季織々」フィルムパートナーズ

2018/08/04(土)〜 ぴかぴか(新しい)3週間限定上映ぴかぴか(新しい)

「君の名は。」など新海誠監督作品で知られるアニメーション制作スタジオのコミックス・ウェーブ・フィルムが手がけ、日本・中国の3人の若手クリエイターが監督を務めたオムニバスアニメ。
中国のアニメ業界を牽引するブランド「ハオライナーズ」の代表を務めるリ・ハオリン総監督のもと、中国の暮らしの基本となる「衣食住行」を共通テーマに、大切な思い出を抱えながら大人になった若者たちの過去と現在を紡いでいく。
「ストームブレイカーズ 妖魔大戦」など実写作品を手がけてきたイ・シャオシン監督が自身の思い出をノスタルジックにつづった「陽だまりの朝食」、CGチーフとして長年にわたって新海監督作品を支え続けてきた竹内良貴の劇場公開初監督作「小さなファッションショー」、ハオリン監督が「秒速5センチメートル」にオマージュを捧げた「上海恋」の3作品で構成。

「詩季織々」はお得な前売り券も販売中です!
ムビチケ一般:1200円
購入特典:オリジナル ミニクリアファイル


今回ご紹介した2本はどちらも期間限定での上映。早く観ないと終わっちゃいます!バテてる場合じゃない!お見逃しなく〜
posted by Shizuoka TOHO Kaikan at 19:25| 日記

2018年05月08日

のみとり侍/妻ふり

こんにちは、スタッフSです。
GWが終わってしまい、次の祝日が待ち遠しい方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時は映画館で息抜きしませんか?

今回ご紹介するのは「のみとり侍」と「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の2作。
どちらもちょっと(?)変わったラブストーリーです。

のみとり侍」(R15+) 5/18~公開
0aa9ab0bf3a82986.jpg
〈ストーリー〉
越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。
その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。
戸惑う寛之進の初めての猫の“蚤とり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね〔寺島しのぶ〕!
この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から「下手クソだ!!!」と罵られてしまう。
猫の“蚤とり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ!
侍として、必死に積み上げてきた剣術や学問、プライドもここでは無意味であった。
意気消沈する寛之進の前に、妻・おちえ〔前田敦子〕に浮気を封じられた伊達男の清兵衛〔豊川悦司〕が現れた――。

果たして、寛之進は、おみねとの恋を成就させることはできるのか?そして、彼を待ち受ける運命とは!

前売り券ございます!
価格:一般1400円
劇場チケット窓口で販売中です。



家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」6/8~公開
cc8b5205e1126ea1.jpg
〈ストーリー〉
2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿されて話題を呼び、ボーカロイドの初音ミクでオリジナル楽曲が制作されたほか、コミックエッセイ化など、さまざまなメディアに広がりをみせた、妻の「奇行」についての質問をもとにしたラブコメディ。

結婚3年目のサラリーマンのじゅんが仕事から帰宅すると、玄関で妻のちえが血を流して倒れていた。じゅんはあわてて介抱するが、血はケチャップで、ちえは死んだふりをしていただけだった。妻はその理由は言わず、ただ笑うだけ。それ以来、ワニに食われる、銃で撃たれる、頭に矢が刺さっているなど、毎日のように死んだふりをする妻に、じゅんは呆れながらも徐々に不安を覚えるようになる…。
榮倉奈々と安田顕がダブル主演で夫婦役を演じ、「デトロイト・メタル・シティ」「神様はバリにいる」の李闘士男監督がメガホンを取る。

posted by Shizuoka TOHO Kaikan at 15:02| 日記

2018年02月27日

どうなる!?アカデミー賞2018

こんにちは、スタッフAです。
まもなく3月ですが、それはつまりアカデミー賞の発表も近い、ということで・・・・。
今回は、アカデミー賞候補作の中から、「リメンバー・ミー」と「君の名前で僕を呼んで」をご紹介します。
去年は作品賞を受賞した「ムーンライト」が話題になりましたね!今年はどうなるのでしょうか?個人的には作品賞が大混戦状態で、非常に気になります。


「リメンバー・ミー」
3657bc643dc71ac5.png
【あらすじ】
『家族の掟』によって一切の「音楽」を禁じられている少年、ミゲル。ギターの天才でもあるミゲルは、ある日、自分の祖父が伝説のミュージシャン「デラクルス」である可能性に気づく。彼の墓に忍び込んで、美しいギターに触れた途端、ミゲルは見知らぬ世界に迷い込む。夢のように美しく、楽しげにガイコツたちが暮す世界――そこは、「死者の国」だった!!
しかし、ミゲルは日の出までに「死者の国」を出なければ、元の世界には戻れなくなるという。ミゲルが頼れるのは、家族に会いたいと願う陽気なガイコツ「ヘクター」だけ。しかもヘクターにもまた、過酷な運命が待ち受けていた…。窮地に立たされた2人と家族を繋ぐ唯一の絆は、ミゲルが大好きな曲「リメンバー・ミー」。この曲に秘められた不思議な力は、時を越えて奇跡を巻き起こす。


監督は、「トイストーリー3」で知られる、リー・アングリッチ。映画のモチーフは、どことなくメキシコの死者の祭を連想させます。これまでのディズニー/ピクサーよりも、さらに多様性を帯びた作品になっています。こちらは、長編アニメーション賞と、主題歌賞(「リメンバー・ミー」)にノミネートされています。

公開日:3月16日(金)〜



「君の名前で僕を呼んで」
15d50e093430181a.jpg
【あらすじ】
17才の青年エリオは、大学教授の父と語学堪能な母の元に生まれた。アカデミックな家庭環境のもと、エリオは古典や語学、音楽に親しみ、同年代の子どもよりも成熟した知性を持っている。
1983年、夏。エリオと家族は、今年も例年通り北イタリアの別荘で夏を過ごしていた。そしてまた、例年通り父のアシスタントとして、大学院生が一人、別荘に招かれた。名前はオリヴァー。エリオは最初、自信と知性に溢れる彼を倦厭するものの、徐々にオリヴァーに対し、抑えきれない感情を抱くようになる。

サンダンス映画祭での初上映以降、絶賛に次ぐ絶賛、受賞に次ぐ受賞と、非常に評価の高い作品です。
主演のティモシー・シャラメは、同じく作品賞にノミネートされている「レディ・バード」にも出演しています。「君の名前で僕を呼んで」は、作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞にノミネートされていますが、ティモシー・シャラメは最年少での主演男優賞受賞者になる可能性がありますexclamation

公開日:4月27日〜
posted by Shizuoka TOHO Kaikan at 16:05| 日記