2017年10月08日

13日は金曜日!!/ホラー映画特集

見たいような見たくないような…
書きたいような書きたくないような…
そんな気持ちで書いています、スタッフAです。

ホラーが大好き、心臓に毛が生えている、なんとなくドキドキしたいお客様、是非当館にお越しくださいませ。ホラー映画が充実しております。

『アナベル 死霊人形の誕生』

アナベル.jpg

アナベルとは、実在する呪いの人形の名前。なぜアナベルは呪いの人形となったのか、という誕生の物語。
6人の少女が移り住んだ郊外の屋敷。期待に胸を膨らませる少女たちとはうらはらに、屋敷には何故か不穏な空気が漂う。少女の一人・ジャニスは、鍵がかかっていたはずのドアが開いていることに気がつく。中を覗くとそこにいたのはアナベルだった!
封印を解かれたアナベルは、執拗に少女を追い詰める。逃げても捨てても、「あなたが死ぬまで離れない」。

ちょうど13日の金曜日(10月13日(金))から公開です。


『IT(イット) ”それ”が見えたら、終わり』

3ac6bfdba41a0a3e.jpg

IT、”それ”は、どこにでも現れ、どんな姿に形を変える。そして、”それ”を見た人は、終わる。内気な少年ビルの弟も、”それ”を見てしまったが故に消えた。おびただしい量の血痕を残して。”それ”は、静かな田舎町で、静かに、確実に、ビルたちを追い詰めていく。
原作は、スティーブン・キング(『スタンド・バイ・ミー』などの原作者)。世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けた”それ”を、ぜひ、スクリーンで確かめてみてください。
こちらは、11月3日(金)から公開!



『JIG SAW ソウ・レガシー』


19a2989a5079bbf1.jpg

スリラー映画の傑作として、「そんなに怖い映画好きじゃない」という層にまで浸透した『ソウ』シリーズ。
『ソウ』を知る人に聞くと、「普通のスリル映画っていうよりは、サスペンスとか、駆け引きで魅せる話ですね」とのこと。とはいえ、鋸、首に繋がる鎖、さえぎられる視界…と、血の気配が漂う予告編。そこに加えられるのは「過去の罪の告白」という精神攻撃。ハードには違いないようですが、心理劇が好きな人にお勧めできる1本です。
11月10日(金)公開


「秋だし、ホラー映画特集でブログを書いて!」という指令遂行の為、3本ほどご紹介しました。
どれも金曜日公開ですので、当館ではレディースデイ(女性は鑑賞料金1100円)です。ホラー映画なのでレイトショー(20時以降の上映は1300円)でもいいかもしれませんね…!
前売券はございませんが、割引サービスはございますので、ぜひご利用ください。HPをご参照ください。
posted by Shizuoka TOHO Kaikan at 14:46| 日記