2018年02月11日

素敵なダイナマイトスキャンダル/Kalafina

手前味噌ですが、「ウチはいろんな映画やってるなぁ」と思いながら働いています。
こんにちは、スタッフAです。
今回ご紹介する映画は「素敵なダイナマイトスキャンダル」と「Kalafina 10th Anniversary Film 夢が紡ぐ輝きのハーモニー」。まったく雰囲気の違う2本ですが、どちらも熱い映画です。

「素敵なダイナマイトスキャンダル」(R15+)

素敵な.jpg


昭和のアングラカルチャーを牽引した稀代の雑誌編集者「末井昭」。末井は、バスも通らない岡山の片田舎に生まれ育つ。末井少年の母は、肺結核で医者から見放され、隣家の青年と抱き合ったままダイナマイトに着火、そして爆死してしまう。衝撃的な心中を経験した少年は、青年になって上京する。入社した先はエロ雑誌の出版社だった!
雑誌の発禁、廃刊にも負けず、警察に出頭したり、恋に落ちたり、波乱万丈を地で行く末井。母も情念も爆発した男の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」を、主演・柄本佑でまさかの映画化。
上映は3月17日(土)〜
揺れるハート前売券あります!揺れるハート価格:1500円(特典:ポストカード)
           劇場窓口にて販売中


Kalafina 10th Anniversary Film 夢が紡ぐ輝きのハーモニー

kalafina.jpg


作曲家・梶浦由記プロデュースユニットとしてデビューした「Kalafina」。アニメ「空の境界」、NHK「歴史秘話ヒストリア」のテーマ曲など多くのヒット曲を持ち、幅広い層から支持される。精力的にライブ活動を行い、活動の場は国内にとどまらず海外にも及ぶ。
2008年にデビューしたKalafinaは、今年10周年。本作では、2017年、世界遺産である日光東照宮や奈良興福寺で行ったライブ、全国12都市でのアコースティックツアーから2018年の10周年記念コンサートに密着した。これまでの10年間の歩みを振り返り、Kalafinaの未来を照射するドキュメンタリー。
上映は、3月30日(金)から4月12日(金)までのぴかぴか(新しい)2週間限定上映ぴかぴか(新しい)


情念と狂乱の「素敵なダイナマイトスキャンダル」と、静謐な雰囲気を纏うKalafina。ベクトルは対照的ですが、どちらも熱量のすごい映画です。
今月の東宝会館は、劇場版マクロスΔコードギアス 反逆のルルーシュUを上映中。どちらも公開初日から盛況となっております。数量に限りがありますが、パンフレット、グッズも取り扱っていますので、ぜひお立ち寄りください。
また3月には、斬新なアクションシーンで話題を呼ぶ「悪女 AKUJO」(R15+)も上映予定!
映画鑑賞は是非、静岡東宝会館で!
posted by Shizuoka TOHO Kaikan at 12:38| 日記